「高知家の唄」ダウンロードページ

※スマートフォン、携帯電話をご利用の方へ
 楽曲ダウンロードや動画視聴により、パケット通信料金が思いがけず高額となる可能性があります。事前に料金プランをご確認の上、ご利用ください。
「高知家の唄~ちゃぶ台と家族写真~」
高知家のサイトへ  高知家で暮らす。

<「高知(こうち)家(け)の唄」プロジェクト概要>

■「高知家の唄」の主旨

「人と人との触れ合い」を大切にし、「ちゃぶ台を囲めば、誰とでも家族の間柄のように親しくなれる」、「とにかく心があったかくて親切」、そんなあたたかい県民性を、「高知家の唄~ちゃぶ台と家族写真」に乗せて全国に発信することで、高知の様々な魅力をPRする企画です。

■「高知家の唄」制作について

①高知県の人気キャラクター「カツオ人間」が作詞。
作詞は、一般の方々から募集した「高知家」家族エピソード等をもとに、高知家応援隊長の人気キャラクター「カツオ人間」が挑戦しました。
ふざけた歌詞を勝手にツイートして岡本真夜さんに怒られる、締め切りを忘れていて徹夜で仕上げる等の、歌詞を作成する様子をfacebookとtwitter上で展開しました。

②「高知家のお姉ちゃん」岡本真夜さんが作曲。
高知家出身のシンガーソングライター岡本真夜さんが作曲。「みんなに愛されるあったかい曲を作ろうと思った。高知の人だけでなく、全国の人が好きになってもらえたら嬉しい」という思いで、あたたかい県民性を体現する曲を作っていただきました。

③島崎和歌子さんがメインボーカル。4年ぶりに歌声を披露。
メインボーカルは、高知県観光特使を務める島崎和歌子さん。
自身のデビュー20周年記念以来、4年ぶりに披露される島崎さんの歌声に注目です。

④PVには、広末涼子さんと西原理恵子さんも参加。
PVには、「高知家の娘」広末涼子さんや、高知県出身で漫画家の西原理恵子さんにもご出演いただきました。

◎高知家の“姉さん”島崎和歌子さんについて

1973年3月2日、高知県生まれ。1989年歌手デビュー後、ドラマ・バラエティーなど多方面で活躍。
1991年からスタートした「オールスター感謝祭」(TBS系)では番組当初より総合司会を務めている。
2009年1~2月には昼ドラ「オーバー30」で主演。主題歌「Happy Life~明日に向かって~」(作詞作曲・岡本真夜)をリリース。2005年7月より高知県観光特使を務める。

◎高知家の”お姉ちゃん”岡本真夜さんについて

1974年1月9日生まれ、高知県出身。95年のデビュー作「TOMORROW」で、200万枚というビッグヒットを記録。
その後、CMソングや、アニメ・ドラマ・映画の主題歌などの作曲など次々にヒット曲を輩出する一方で、広末涼子や島崎和歌子など、他のアーティストへの楽曲提供も数多く行なっており、コンポーザーとしても活躍している。
復興支援ライブやチャリティーライブにも積極的に参加している。

◎カツオ人間について

高知県地産外商公社 特命課長でもあるキャラクターです。
スパッと切断されたカツオの後頭部から覗く赤身が特徴で、高知県に関することを土佐弁で紹介します。
公式フェイスブックには21,075いいね!(10月28日時点)。カツオ人間と高知の魅力が詰まった「カツオ人間写真集」(角川書店より4月3日発売、発行1万部)もあります。
■カツオ人間公式フェイスブック https://www.facebook.com/katsuo.ningen

<一般財団法人 高知県地産外商公社について>

当公社は、高知県産業振興計画の重要な柱である「地産外商」を推進する母体として、平成21年8月3日に設立されました。
高知県産業振興計画に基づき、活力のある県外市場に対して、官民が協働して高知県の豊かな資源を活かした県産品の販売や観光及び食文化等についての情報の発信を行うこと。
そして、高知県のブランド価値を向上させること等を通じて、地産外商を強力に推進すること。このように高知県の産業振興を図り、県民の生活の向上に寄与することを目的としています。